妖々といこう

*

【ネタバレ注意】『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』を4歳の娘と観てきた結果

   

img_1406525847

年内行けなかったので年明けにようやく観てきました。
映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
この記事はネタバレを多く含むのでまだ観てない方は要注意です。

さて、今回は4歳になったばかりのわりには
妖怪教育が行き届いている娘を連れて行きました。
そんな娘がどんな反応をみせてくれるのか
妖怪を生業とする親の私としてもかなり興味があります。
テレビで放映していた公開前情報によれば、
観劇中に妖怪体操第一を踊ったりする?
と噂になっておりましたので、

これは大興奮間違いなし!

と確信しておりました。
あまり詳しく書いてしまうと長くなるので
端折っていきます。

前半の見どころ

冒頭からケータ君がもっている妖怪ウォッチがシュワーーっと消えてしまい
ウィスパーやジバニャンをはじめ妖怪の事をすっかり忘れてしまうケータ
商店街でデカニャンと遭遇し電撃をビリビリされたことでようやく思い出す。
その後、消えてしまった原因を探るために、ケータの祖母が住む熊本へ
くねゆらしのような不思議な妖怪に導かれるように古ぼけた蔵にたどり着き
そこで本映画の超重要キャラ。浮遊霊のフユニャンに出会う。

大人の感想
デカニャン大暴れで店が派手にぶっ壊れたり、蔵が大破するシーンがあるのですが
テレビ版の妖怪ウォッチと比べると演出がやはり派手ですね。
また大人の私としては、ジバニャンたちを忘れてから思い出すまで
わりとよすぎるテンポなので、もう少し引っ張ってもよかったんでは
と感じました。
そしてなんといってもフユニャン。
まさかデカニャンがフユニャンだったなんて。
ゲームやってる人にはそんなことは
常識なのかもしれないけど。
私はゲームはやってないので
この種明かしには衝撃でした。

娘の反応
さて気になる娘の反応ですが。
なんと、前半とおしてびっくりするくらい静かww
え?何?連れてきてごめんなさい。
映画よりもメロンソーダとポップコーンにご執心の様子。
もしかして、はずれた?!

デカニャンの特技である
全ての物が巨大化してしまうという吐息をくらって
ケータの「顔だけ」が巨大化してしまう
といういわば「笑いどころ」でも。じっと真剣なまなざしで見つめる娘。
どうしちゃったんだ?周りはケタケタ笑ってるぞ?

中盤の見どころ

娘の反応が得られないまま
そわそわしながらシーンは中盤に移ります。
フユニャンは妖怪ウォッチが消えてしまった原因が
過去にあることを話し、過去に戻ってケータの祖父であるケイゾウを
助けてほしいとケータにお願いする。
当然快諾するケータご一行は、不思議な石で過去にタイムスリップ。
そしてケイゾウと合流し、怪魔が悪さをしている状況や
妖怪ウォッチが消えてしまっている現状を打破するべくタッグを組む。
今回のラスボス「うばうね(声:片岡愛之助)」や最強の妖怪「マスターニャーダ(声:志村けん)」も登場し、
ようやく役者がそろった感じ。中盤の最後にはそのラスボスうばうねにジバニャンが捕らわれてしまう。

大人の感想
ところどころに出てくるご当地ゆるキャラクマモン。
でてくる頻度が多いためストーリーとの絡みをいろいろ想像してしながら観ていました。最後になんかあるかしら?
途中でてきたマスターニャーダは最強妖怪なんですが10秒しかもたない設定(笑)志村さんの声は
いつもとは違う感じでしたが妙にうまい!
ケータとケイゾウはニャーダの特訓を受けて強くなるのかなー?と思いきやアイテム渡されて終了。
もう少し強くなる特訓過程があったほうがよいような。

娘の反応
というわけで、さすがに盛り上がってきたし、これは目をキラキラさせてみてるだろうと期待して
娘に目をやると。(-_-) ←こんな顔
ケータがガッツ仮面のポーズを無理やりやらされるシーンで一瞬もらい笑いしてたけど
それ以外はサメザメ。だだだだ 大丈夫?何か悪いことしたかなパパ。
おそらく映画内で渾身のネタであっただろう
クマモンコラボネタも通じてないようだしねえ・・・・どうしよこれ(笑)

後半の見どころ

またもや娘の反応が得られないまま
うなだれながら後半突入。
罠だと知りながらさらわれたジバニャンを救いに向かうケータとケイゾウ。いよいよもって全面戦争の様相を呈してきます。
あらゆる罠をかいくぐり、うばうねのところにたどりつく一行、バトルも激しくなります。
金銀銅という三位一体の妖怪が、時間を巻き戻す反則技を使うため一行にダメージを与えられないケイゾウ達。
そんな中、ケータはマスタニャーダに託された「ホース」を使い時間を巻き戻す機械を壊すことに成功。ただホースで水かけただけなんですけどね(笑)
精密機械は水に弱いのです(笑)なんじゃそら!
それでもなかなかおしきれず、うばうねの呼び出した巨大妖怪になす術もない一行。
以前ピンチの中、フユニャンの捨身の行動により
かけがえのない友情に気付くケイゾウ。
ケータと友達妖怪に呼びかけ古典妖怪から零式妖怪まで全員集合!総攻撃をかける!ここが見せ場!
ラスボスも巨大化して第二形態になり、いよいよクライマックスです!

友達妖怪すべての力を集めて、フユニャンとジバニャンが変身!!
パワーアップしたブチニャンが「百万倍返し肉球」をさく裂させ
100万匹に変身した巨大うばうねを撃破!やりました!

闘いの後に「妖怪ウォッチを必ず作る」と
約束してめでたくハッピーエンド!めでたしめでたし。

大人の感想
ケータとケイゾウの呼びかけに答える
古典妖怪や零式妖怪たちが集結するシーンでは
かなりの胸熱感を得られます。
個性あふれる妖怪たちの連携プレーに目が離せず大興奮。
最終奥義の「百万倍返し肉球」のシーンでは
まるで某聖闘士の「ペガサス流星拳」を彷彿とさせる演出に
バトル系アニメの真髄を見た気がしました。
大満足のクライマックス。テンポもよいし大人な私でも見応え十分。
泣ける系の感動かどうかでいうとクレしんやどらえもんには若干劣るものの
アクションやネタについてはすごくよい作品じゃないかと思いました。
で、結局クマモンはなんだったの?というと
特に重要キャラということではなかったようで
ただのデシャバリということでしたw

娘の反応
最後ぐらい頼むよ娘。と思ってみていたら。クライマックスで
「百万倍返し肉球」がさく裂した直後、急に

やったーーー!!!!

え?え?急にここ?

しかも響き渡るくらいでかい声で叫んだw
意表を突かれた私はここで一番のドキドキw
あとから聞いたらどうやらずーーっと真剣にみてたようです。
楽しんでないわけじゃなかったんだね。
映画の世界にはいっちゃってたくらい集中していたようです。
よかったよかった。娘がちゃんと楽しんでくれて。
でも笑うとかウントカスンとも言わないくらい
集中されるとソワソワするからちょっとはパパの事も気にして欲しいと思う(笑)

エンディングでは集中が途切れたのか
公開情報にもあった踊れるエンディングソング
にうつるとゲラゲラポーやらヨーデルやらリミックスされてて
楽しそうに踊ってました!

というわけで『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』は
大人も子供(4歳)も楽しめる素敵な映画だったということで^^
評価をまとめたいと思います♪
2015年の妖怪ウォッチも楽しみです。

あ、伝え忘れましたが映画をみるとキッズは
ダークニャンの妖怪メダルが貰えます!
ダークニャンは零式専用のため我が家にある
初号機にはセットできないのですが
めちゃくちゃ喜んでました。

 

公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

 - レビュー・おすすめ